【リシャフトのご紹介】 シャフトフレックスの重要性! キャロウェイレガシーフォージドアイアン

IMG_0861

キャロウェイアイアンのリシャフトのご用命をいただきました。

トゥルーテンパー社のDGPROシャフトへの交換作業です。スチールシャフトに関しましても昨今は非常にラインナップが豊富になってきました。

もっとも注目すべきは軽量級のスチールシャフトが多く開発されてきている点です。

重量帯をマッチングさせることで、今までカーボンシャフトを使用していた方でも違和感なくスチールシャフトへの移行ができるようになりました。

もう一つマッチングという要素で重要なポイントはシャフトのしなり(フレックス)です。

重量帯を合わせた上でフレックスをマッチングさせる必要があります。

シャフトの硬さ(振動数)はセットする長さによっても変化します。

長くなれば柔らかくなる傾向に、短くなれば硬くなる傾向になります。

上記一般論を基に場合によっては ”番手ずらし” という方法でセットする場合もあります。

少しマニアックなお話になってしまいましたが、ゴルフ道具のメカニズムを知ることでさらにゴルフというスポーツに魅了されるゴルファーが非常に多くいらっしゃいます。

ゴルフに関するご相談であれば下記にてなんなりとお受付させていただいております。

https://www.golfoo.co.jp/Page/CONTACT

よろしくお願いします。

 関連コンテンツ

 コメント


Warning: Use of undefined constant pagetop - assumed 'pagetop' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/v-arena/www/golfoo/wp-content/themes/golfoo/single.php on line 70